トップページ > スタッフブログ > わかりやすい油津基礎工事

スタッフブログ

わかりやすい油津基礎工事

2015/03/26
油津基礎工事の完成検査も終わり、ホッカリしている河野です。
 今回の工事、水中作業ばかりで何をしているかわかるかな?
 写真によるフローを書き込みます。
 まず最初に、

①80t型消波ブロック撤去


潜水士による玉掛

玉掛作業(吊り上げる資材にワイヤーを掛ける作業)1
玉掛作業2
玉掛け用ワイヤー 鋼芯 42.5mm


310t吊起重機船による撤去

消波ブロック撤去1
消波ブロック撤去2
起重機船に積込後、西町ブロックヤードへ海上運搬仮置


②グラブ床掘


浚渫船にて床掘り
地盤改良(サンドコンパクション)後、盛り上がり土砂を
グラブ浚渫船(400t吊)にて-18.5mまで床掘りを行います。

土砂を土運船に積込後、外浦に海上運搬陸揚げを行います。


使用バケット全景
   使用バケット
容量 8.0㎥ 高さ 7.6m 幅 2.2m 重量 34.0t

バケットの前に立っているのは、工事部の谷口次長です。


③帆布敷設


洗掘防止の為、床掘り完了した全面積に帆布を敷設します。

洗掘(水流による土の削取り)防止の為の帆布敷設)

帆布を敷設金具へ巻付けします。


帆布敷設状況

敷設金具を水中に降ろし、潜水士にて敷設します。

④捨石(5~100kg)投入



基礎捨石工

帆布敷設完了後、日向から捨石を油津まで海上運搬し、ガット船(1,100㎥積み)にて
潜水士の指示のもと、約6時間かけて捨石投入を行います。

捨石投入状況
捨石の厚みは、-18.5~-15.0m迄だから3.5

⑤基礎捨石(5~100kg)均し


基礎捨石投入後、水中水準器を使用し丁張りを設置します。

丁張(盛土切土等を完成させるのに用いる目安の定規)

丁張り設置完了後、起重機船(170t吊)にて叩き均しを行います。


重錘ブロック

叩き均しに使用する重錘ブロック 50.0t


捨石均し作業2

潜水士による確認を行いながら均しを行います。


捨石均し作業2

重錘による均し完了後、潜水士により捨石均し作業を行います。

以上が油津基礎工事でした。


工事部課長 河野

ページの先頭
ページの先頭